New! 【日本サンクチュアリ協会クリスマス礼拝のお知らせ(2019年12月22日)

     全国の皆様、年の瀬を迎え、何かと慌ただしい日々を過ごしのことと拝察致します。

さて、1年以上前に、神様と霊界の導きの中で、天啓によって書き綴られた「イエス.キリスト物語」の著者である古川健治さんと縁を持たせて頂いたことは、皆様ご存知の通りです。この12月初旬から「星雲社」によって発売が開始されています。

 つきましては、來る1222日、日曜日に東京に古川健治さんをご招待して、「イエスキリスト物語」著作前後の証しを伺い、本のサイン会を開催することに致しましたので、ご案内致します。

【日時】  2019年12月22日(日)午前10時15分~

                      古川健治氏の証し  サイン会

【場所】 東京都(お申し込み後にお知らせします。)

 ※既に本を持っている方は、持参してサインを頂けます。

尚、当日定価で購入、サインを頂けるように古川さんに便宜を図って頂きます。

※本が礼拝会場に届きましたので受付でご購入いただけます。

 ※会場準備がございますので申請をお願いいたします。軽食を準備いたします。

 ※ 礼拝に参加される方は申込フォームからお申し込みください。(2019/12/5)


update!【青少年冬季原理セミナーのご案内】

 ※セミナーの講義内容と募集期間をアップデートしました。

神が存在し霊界が厳然と存在することを深く学び、堕落論を中心に絶対性の重要性、なぜ祝福なのか、人生をどう生きるのが良いのか等々を分かりやすく講義して頂くことになりました。

是非、多くの子女達をお送りください。性問題において最も重要なことは、親子の関係性がキーポイントです。故に、2020年の年初めに、是非とも親子で参加されますようご案内致します。

「青少年セミナー」とありますが、青少年に理解できるように語っていただくセミナーであり、参加者は、老若男女問わず奮ってご参加ください。

 

【講義】井田幸二講師

【期間】2020年1月5日(日)~1月7日(火)

【集合時間】2020/01/05  受付10:00  開会式 11:00

【解散時間】2020/01/07 1700

【申し込み締切日準備がございますので12月7日までにお申込みください。※締め切り過ぎましたが、若干名参加できます。

【場所】首都圏近郊
【参加費】7,000円     (小学生は6,500円)
【参加申込み】こちらの申込フォームからから申請ください。 (2019/10/07(2019/12/10))


New!【青年部交流会のご案内】

 青年の交流会を開催いたします。

人数が増えて来た青年部ですが、より多くの青年たちが日々の礼拝や活動に参加できる様、心情交流を行う為に交流会を行いたいと思います!!

【日時】20191215日(日曜)

【時間】午前9:30集合

【場所】東京,お台場(詳しくは申込後にご連絡致します)

【参加費】2,980円 +昼食代

※学割あり。学生証ご持参ください。参加される方は下記URLから申し込み頂くか、下記アドレスにご連絡ください。また、質問等あればお気軽にご連絡ください。

https://forms.gle/cd75HXqAdiPmBiZK7

shutokenseinensc@gmail.com     担当:青年交流会実行委員

 ※遠方から参加される方は、前泊・後泊も可能ですので、ご相談ください。(2019/11/23)


update!【真の神の日、真のお父様御聖誕100周年訪米ツアーin Las Vegas

 天基11年天歴1月1日(2020年1月25日)真の神の日と天歴1月6日真のお父様御聖誕100周年の記念式典に参加するための訪米ツアーをご案内いたします。今回の訪米ツアーは真のお父様御聖誕100周年を記念してラスベガスで行われます。

 

ラスベガスへの訪米ツアーは、大手旅行会社の海外旅行ツアーを利用することになり東京⇔ラスベガス間の航空券と宿泊ホテル」を本部事務局で申し込みを致します。自動車の手配や飛行機・ホテルなどラスベガスツアーは9名の募集をおこないますので、参加ご希望の方は募集期間にお申込をお願いいたします。

※定員に達しましたので、申し込み受付を終了とさせて頂きます。

 日程:2020年

1月24日 日本出発

1月24日 ラスベガス・マッカラン国際空港着

       17:00 祈祷会 18:30 Dinner Buffet  23:00 Midnight Prayer

1月25日 7:00 真の神の日記念式典 午後 Optinal Mount Carleston hike 
1月26日 日曜礼拝 午後 
Lake Mead クルーズ  フーバーダムでの祈祷 Buffet

1月27日 9:00~ ウエスタン グランドキャニオン (スカイウォーク)

     1月28日 帰国 29日 (羽田or成田着)

旅程:

  ・ 往路羽田 or 成田発  ⇒  乗継   ⇒  マッカラン国際空港着(ラスベガス)

    ・ 復路マッカラン国際空港発(LV) 乗継 ⇒ 羽田 or 成田 着

 

 ご 質問は下記のメールアドレスまでお願いいたします。

sandaiouken@gmail.com 松岡 administrator@sanctuary-jp.org 宮澤

 <航空チケットの手配について>

今回の航空券チケット手配は日本サンクチュアリ協会本部事務局で致します。上記の申込フォームに必要事項をご記入下さい。ESTAの手続きは各自お願いいたします。ESTAの申請方法が分からない場合は、こちらに親切な解説があります。

 地方からの国内線の乗継便も本部事務局で旅行会社に依頼できます。   (2019/11/05)(11/30)


New!【2019/12/29祝福式訪米ツアー】

 2019年12月29日ペンシルベニア・サンクチュアリ教会本部にて祝福式が挙行されます。祝福式訪米ツアーを以下のようにご案内しますので、祝福を受けられる方とご家族の皆様は以下の案内にしたがってお申込み下さい。又、お仕事や学業の都合で下記の日程と違う場合は申込フォームと便名フォームに予定をご記入ください。以下が現在分かっている大まかなスケジュールです。現地での交通の関係上、団体での一斉行動となります。お世話できる人材がないため、様々なご要望にはお応えできないことをご了承ください。参加を希望される方は参加申し込みフォームに入力してお申し込み下さい。

 

日程:

2019年

12月27日 出発 

   28日 

   29日 祝福式
    30日   
     31日 現地出発

 2020年1月1日 成田着

 

旅程:

  • 往路:ユナイテッド航空 UA078便  成田17:40発 ⇒ ニューアーク16:25着
  • 復路:ユナイテッド航空 UA079便  ニューアーク11:00発 ⇒ 成田15:00着

お申込みまでの手順:

指定された便以外で訪米し、ニューアーク空港で落ち合えないトラブルがしばしば発生しています。指定の便以外で行かれる方は「便名報告フォーム」を送信し、ニューアーク空港で合流出来ない場合に独力で宿泊施設まで移動することを合意された場合のみ、ツアーに参加していただけます(指定便の方も便名報告フォームの送信は必要)。

 

<航空チケットの手配について>

お申込みをされましたら、各自でインターネット、或は旅行代理店などで購入していただき、併せて(申請されていない方や期限が切れている方は)ESTAの手続きもお願いいたします。フライトは下にある通り、ニューアーク空港(ニュージャージー NJ)となります。ESTAの申請方法が分からない場合は、こちらに親切な解説があります。

 

地方の方は、ご自分の地域の空港から成田までの国内線のチケットも併せて手配して下さい。

その場合、ギリギリの設定ではなく、時間に余裕を持たせて手配をお願いいたします。

当日は搭乗口で集合となります。各自でチェックインし、搭乗口まで行くようにして下さい。

なお、費用は直前にならないと確定しません。確定しましたら、詳しいガイダンスと共にお送りいたします。出発間際になりますこと、ご了承下さい。

※ 宿泊や移動の手配には時間がかかるため、出発日が近くなってからのお申込みでは受け付けられないことがありますのでご注意下さい。お申込みをして受付可能か確認をしてからチケットを手配して下さい。
(2019/10/20)


New!【青少年春季原理セミナーのご案内】

 2020年度、青少年春季セミナーは復帰原理を中心に学びます。

【講義】井田幸二講師

【期間】2020年3月31日(火)~4月3日(金)

【集合時間】2020/03/31 11:00(初日は、朝食を各自で済ませ御来場ください。)

【解散時間】2020/04/03 1700 

【募集締切日準備がございますので2020年2月1日までにお申込みください。

【場所】首都圏近郊
【参加費】8,300円     (小学生は8,000円)
【参加申込み】こちらの申込フォームからから申請ください。  (2019/10/07


【天基10年真の神の日 二代王のスピーチ】

 

真の神の日の文亨進様のスピーチ(翻訳:Harry)をアップいたしました。

神の王国と鉄の杖のスピーチです。ぜひお読みください。

なお、引用元はサンクチュアリNEWSです。


 【「防御と創建キャンペーン」についてのおしらせ】

栄光在天! ハレルヤ! サンクチュアリの皆様、こんにちは。
皆様も、神様と真のご父母様が共にあられる文亨進二代王様の陣頭指揮の下、超高速で摂理が展開するサンクチュアリ、私達であることを実感なさっている昨今であると存じます。
さて、去る9月23日、日本サンクチュアリ協会公開礼拝にて「キリスト教は引き上げられ、非原理の詐欺集団は崩れ落ちる」と題して説教させていただいた中に、今の摂理の時と献金について説明させていただきました。二代王は、その献金を、「防御と創建キャンペーン」と命名されました。
皆様がペイパルなどで、アメリカ本部に送金される場合、必ずそこに『防御と創建キャンペーン」の献金であることを明記するか、別にメール等でその旨をお知らせしてくださるように、ご案内いたします。
尚、日本総務の方へもお知らせくだされば、アメリカの担当筋とも対照させていただきます。
世界、天宙が伸るか反るかの激しい動きをする中にありますが、皆様が摂理の中心人物として責任と使命を果たされ、ご健勝であられることをお祈り申し上げます。

日本サンクチュアリ協会 総会長 江利川安栄

以下のリンクからお申込み下さい。【PayPalについてご不明な点はSC日本事務局にお問い合わせ下さい。】
(米国)World Peace and Unification Sanctuary
 メールアドレス: sanctuarychurch@sanctuary-pa.org

※ペンシルベニアのサンクチュアリ教会にPayPalで送金された方は必ず日本本部の事務局にメールを入れて下さい。日本本部からペンシルベニアの会計に報告します。(アメリカ本部にペイパルで送金された方にお伝えします。防御と創建として取り扱いになってないケースがありますのでご連絡頂ければ確認いたします。)
(日本本部連絡先)administrator@sanctuary-jp.org  
(2018/10/2)


【2019年 年頭標語】
天基10年度(2019年)年頭標語は「神様王権鉄の杖王国定着億万歳」です。

 


【重要なお知らせ】
 去る天基9年天暦1月13日(2018年2月28日)に挙行された「天宙天地人真のご父母様天一国生命の書入籍祝福式」は、天にいらっしゃる真のお父様と地上にいらっしゃる真のお母様(康賢実お母様)がなされた特別な祝福であり、重要な祝福であるので、期限を限定いたします。
2月28日から40日間の間(4月8日まで)に成された祝福

第1次 天宙天地人真のご父母様天一国生命の書入籍祝福式」と致します。
そして、4月9日以降に行われる祝福式は、

第2次 天宙天地人真のご父母様天一国生命の書入籍祝福式」となるということが、本日3月30日(日本時間)の大陸会長会議にて確認されましたので、お知らせいたします。               

       日本サンクチュアリ協会 総会長 江利川安栄            (2018/3/30)      


【聖酒式動画のご案内】

2月28日の祝福式の動画を公開いたします。

天宙天地人真の父母様天一国生命の書入籍祝福式

 

祝福式の意義などについては、以下の関連する動画を参照していただければと思います。

・ 2017年12月24日の礼拝での説教動画

・ 2018年1月14日の礼拝での説教動画          (2018/1/19)


【聖霊役事ビデオのご案内】

日本本部における聖霊役事で使用するビデオを公開いたします。

https://youtu.be/QRsPQ_lSBmw


【真尊影のご案内】

真の御父母様の真尊影(白黒版)の画像ファイルはこちらからダウンロードしていただけます。カラー版の真尊影については、低解像度のものになりますが、お写真をクリックしていただければ拡大表示されます。そちらを右マウスクリックしてダウンロードしていただけます。

(2019/10/1)


【7年艱難期間を越えるための精誠祈祷】
現在、世界中が困難な時を迎えています。2017年8月の大陸会長会議にて、世界で祈祷チームを作って祈っていくことが合意されております。2017年8月22日に第1次40日祈祷期間が始まり一年半が過ぎ現在第14次祈祷期間に入っています。今後40日ごとに祈祷期間のお知らせをいたします。
この艱難の期間を乗り越えるために皆様で精誠祈祷をしてまいりましょう。

中心人物: 私(自分自身)
期間: 40日祈祷期間 2019年

   第21次 10月31日~12月9日

   第22次 12月10日~2020年1月18日

   第23次 1月19日~2月27日

     第24次 2月28日~4月7日

     第25次 4月8日~5月17日

   第26次 5月18日~6月26日

     第27次 6月27日~8月5日

    (7年艱難期間継続します。2014年3月~2021年3月)

条件物: 訓読(基本)+各自で主体的に決めて行う
       ex. 実践活動、食抜き、敬拝、等々
祈祷項目:(第1次の祈祷項目から一部修正)

1. 三代王権の勝利の為に
2.
 真の御父母様の聖霊役事の下で10.14勝利の為に

3. 7年艱難期間を乗り越える為に

4. 4300双祝福勝利の為に
5. 神氏族メシヤ勝利の為に
6. 天一国憲法の啓蒙と普及の為に
7. トランプ大統領の為に
8. 安倍首相の為に
9. 家庭連合、三男派の為に
10. その他(各自で祈りが必要と思われる内容)        (2019/2/16)(2019/4/2)

2008年10月12日、文鮮明先生が『世界平和統一聖殿』として文亨進牧師の教会に命名されました。人類と世界の前に和解と平和のビジョンを実現する、神様の聖殿です。私たちは『世界平和統一聖殿日本本部』として、神様の真の愛を中心とした本然の理想世界を築き、「為に生きる」生活を通して、「神様の下の人類一家族世界」を目指します。

【7年艱難期間を越えるための精誠祈祷】

中心人物: 私(自分自身)
期間:40日精誠祈祷期間

     第21次10月31日~12月9日

   第22次12月10日~2020

  1月18日 (2021年3月まで)

条件物: 訓読+各自が主体的に決める

例) 実践活動、食抜き、敬拝等
祈祷項目:

1. 三代王権の勝利の為に
2. 真の御父母様の聖霊役事の下で
10.14勝利の為に

3. 7年艱難期間を乗り越える為に

4. 4300双祝福勝利の為に
5. 神氏族メシヤ勝利の為に
6. 天一国憲法の啓蒙と普及の為に
7. トランプ大統領の為に
8. 安倍首相の為に
9. 家庭連合、三男派の為に
10. その他(各自の祈り)


【防御と創建キャンペーン】

公開礼拝の説教において今の摂理と献金について説明させていただきました。二代王は、その献金を「防御と創建キャンペーン」と命名されました。
皆様がPayPalなどで、アメリカ本部に送金される場合『防御と創建キャンペーン』の献金であることを明記いただくか、別にメール等でその旨をお知らせください。尚、日本事務局(administrator@sanctuary-jp.org)へもお知らせくだされば、アメリカの担当筋と対照させていただきます。
世界、天宙が伸るか反るかの激しい動きをする中にありますが、皆様が摂理の中心人物として責任と使命を果たされ、ご健勝であられることをお祈り申し上げます。

日本サンクチュアリ協会

       総会長 江利川安栄

以下のリンクからお申込み下さい。【PayPalの不明点は日本事務局まで】
(米国送金先)World Peace and Unification Sanctuary
メールアドレス:

(米国)sanctuarychurch@sanctuary-pa.org

※ペンシルベニアのサンクチュアリ教会にPayPalで送金された方は必ず日本本部の事務局にメールを入れて下さい。日本本部からペンシルベニアの会計に報告します。(アメリカ本部にペイパルで送金された方にお伝えします。防御と創建として取り扱いになってないケースがありますのでご連絡頂ければ確認いたします。)
(日本本部)administrator@sanctuary-jp.org


Sanctuary Church

http://sanctuary-pa.org/

889 Main Street
Newfoundland, PA 18445
Tel: 570-832-4476
sanctuarychurch@sanctuary-pa.org

世界平和統一聖殿 日本本部

日本サンクチュアリ協会

本部事務局 

070-4132-8500

 administrator@sanctuary-jp.org


天恩会

https://tenonkai.jimdofree.com/


日本サンクチュアリ協会の口座は以下の通りです。

ゆうちょ銀行

【記号】 10130

【番号】 89161771

【名前】 ニホンサンクチュアリ

-----------------------------

(他の金融機関から振り込む場合)

【店名】 〇一八(ゼロイチハチ)

【店番】 018

【預金種目】 普通預金

【口座番号】 8916177

【名前】 ニホンサンクチュアリ



 

【過去のお知らせについて】

1ページに表示できる情報の量に上限があるため、これより前のお知らせは、「過去のお知らせ」に移動しました。参照したい場合は、こちらの「過去のお知らせ(7)」ページを御参照下さい。 (2019/02/05)