亨進様と国進様のみ言(12月6日)

<第二代王 亨進様のみ言>

国進様の工場にて(2015126日)

荒野に来て3年になりました。今年1月の「沈黙を破って」のビデオで世界中の教会が知るようになり、立ち上がっています。最初の1年半は、真のお父様を探し求めていました。そして1月18日までは沈黙を守っていました。

追い出されてここに来た時、知っている人は誰もいなくて、人もいない所なので、熊や鹿と共に礼拝をし、涙をたくさん流しました。自然の中で悲惨な状態でした。「アボジ、アボジ、アボジ」とアボニムの名前を語る事も叫ぶこともできませんでした。天一国の国歌すら歌うことができませんでした。

近くの食口が集まり始め、天一国の国歌を歌うと、声が響いて朝から近所から叱られたりして、そのような訓読会になりました。

 

お父様が病院におられるときから、韓オモニが天使長と一緒になって、驚くべき事をするのを目撃する様になりました。お父様が病院におられるときから安楽死をさせようとしていました。

韓オモニム、36家庭を中心に幹部たちは、お父様の延命チューブをすべて取り外すと言い出しました。50年以上もお父様に侍ってきたのに、自分の権力や金の為に、一言も反対する声を上げることが出来なかった者たち。

お父様が、ご自分のお身体がどうにもならない時、守ることが出来ないのを見て、自分の権力を守ろうとしました。

その時、「生命維持装置を外す」とお母さまが言って、韓オモニムが幹部一人一人にその賛否を聞いた時、朴ポーヒだけは唯一反対しました。金孝南は、「ここに孝進様、興進様、榮進様が、お父様を迎えに来ています、お父様を霊界に送ってくださいと言っています」と、韓オモニムに進言しました。

 

亨進様と国進様は、カインとアベルが一体化した中で、韓オモニムに以下の様に進言しました。

「アボニムに50年侍ってきたのに、最後にこの様なことをしたら、メシアを殺した人になります。裏切りです」とはっきりと言いました。すると韓オモニムは反発をし、口論となり、亨進様を平手打ちし、そこにいた人たちは、皆裏切り者となりました。これらの後から、韓オモニムは全ての事を反対の方向へと、するようになっていきます。

 

その後、韓オモニムは、お父様が立てた血統の二人の兄弟(亨進様、国進様)を追い出し、泥棒たちを信じていくようになりました。

私は、「オモニムは泥棒を信じれば、結局は背中に刃物を突き立てられることでしょう」と言いました。韓オモニムは、「金孝南は絶対に裏切らない、私が主管している。孝南はオモニムと完全に一体となっている」と言いましたが3年後すでに孝南は韓オモニムを裏切りました。日本に大母宗教を設立するために動いていると聞いています。郭グループも裏切りました。

天国は来なければならないが、最後の瞬間に天国が来ないで、祝福の道ではなく審判の道を行かねばならなくなりました。

 

皆さん想像してみてください。2013113日に、オモニムが、「世界の食口の皆さん、お父様は霊界に行かれましたが、アボニムの時代が来ました。全て全世界をアボニムが主管されるでしょう」と、スピーチしたら、どのような時代が来たのか・・・・

ところが反対の事をしてしまいました。お父様の血統を追い出し、「私には絶対権力がある」と、「私は神だ」と叫んでしまった。だから落ちてしまいました。

「アイアムゴット」と、叫んでしまった。私は「独生女である、アボニムは私に何も教えなかった」と語り始めました。3年前にこの様なことが起きていると食口に伝えたとしても、誰も信じなかったでしょう。だから、沈黙を守らざるを得なかったのです。

 

これは、人間の傲慢、神様になろうとする人間の傲慢。子宮神学と、精子神学の戦いです。

本体論の根っ子の教えの核心は、<神様の精子>です。これはとても重要です。神の愛と生命と血統――

神様の血統が生まれます。

再臨のキリストはメシア、新郎です。キリスト教だけは知っていました。全ての花嫁は新郎に会わなければならないと。堕落した汚い子宮が、神様の精子によって、清められなければならない。新郎は、すべてのキリスト教精神に於ける女性に対する新郎であるわけです。全てのエバたちが新郎から神様の精子を受けることによって、神様の血統になる。そうすることによって、血統転換され、天一国になる。イエス様が亡くなられたとき、マグダラのマリアは異端となりました。イエス様は太陽、マグダラのマリアは月の神様と言われました。

中東の神は女性の神が一番上にいる。カトリック教会は、聖母マリアは原罪がない、そのマリアの子宮に宿ってメシアイエスのみが罪がないと言っている。子宮神学は共産主義を生む。

政府が、「子宮にずっと入っていなさい。政府が責任を持ちますよ。ゆりかごから墓場まで。だからずっと子宮に残っていなさい」と、このように言っているでしょう!この考えからフェニミズムが生まれます。東洋では、母親は子供に危険なことをさせないでしょう~「危ない、危険だ」と言って。韓国、日本は危ないことをさせない。ここにいる娘たちも勉強ばかりで危険なことは避けてきています。


精子神学・・・

王である真のお父様の精子を受けたなら、僕(しもべ)は何もいえない。血統の違い。万王の王の精子を受けたならば、どのような者も制止したり取り上げたりすることはできない。天一国は神様の精子からくる。天一国の市民は僕ではなく、王です。即ち万王の精子を受けた者。

天一国では、平和警察。何故なら、神様の精子からは自由と責任が生まれます。アボニムの精子から生まれた人は、危ないこともしないといけない。人類歴史において天一国はなかった。再臨のメシアの精子を通して自由と責任の国が出来ます。


天一国時代・・・

アボニムは女性を逞しく訓練したでしょう。私たちの娘は武道、銃の訓練をしています。一生弱い者になってはならない。市民が銃を持って互いを守る。自分の身は自分で守る。警察に頼ってはいけない。そんな人が多くなると税金も高くなるでしょう。アボニムは自由と責任を持っていた方。お父様はボートの免許を取らせ、釣りや猟をさせたでしょう。そのような自由と責任を持つ女性を待っていた。危険な事も出来る女性、悪者を殺すことの出来る女性。そういう人は警察の奴隷にならない。武士、漫画の中のファンタジーではない。現実に自分の身は自分で守ることが出来る人になる。怖い世の中だから。警察にだけ頼ってはいけない。奴隷になってしまう。悪者と戦えるように。日本と韓国の政府は銃を持っている。日本は昔、士農工商だったでしょう。侍だけ刀を持って切り捨て御免と。天一国では一般市民も武器を持ち、力を持つようになる。武器なくして戦うことが出来ない。武器を持つだけではなく、正しく使えるように訓練する。市民が恐怖を待たないで生きることが出来るように、平和軍や警察の訓練をする。


韓オモニム・・・子宮神学

胎中より罪がなかったと言う。韓オモニムの天一国憲法を見るとサタン、共産主義のものと同一である。昔の暴君政治と同じで、奴隷を造る。本来、血統思想を通してメシアの血統を受け継ぐ。父から息子へ伝達されなければなりません。

メシアが新郎として来られた時、男性たちは、「私はキリストの体」だ。三日行事を通して私達にメシアの身体を下さった。女性達は、「私はキリストの花嫁だ。」と言って立ち上がっていく。そのようにして堕落したエバが清められ、二世が生まれた。ここにいる二世もそうでしょう。三日行事を通じて真のお父様は神の精子を下さった。神様の精子を通して、三代王権の天一国が成就されるでしょう~

アージュ、アージュ、アージュ


 

<国進様のみ言>

今、亨進王様が言われた事を考えると、神は一般社会を長成期完成級まで発展させる。これが天一国だなと人々が感じる環境になる時、神様が実現するのはどこに?

アメリカでしょう。

本来のアメリカの憲法

そのアメリカが建国された時、長成期完成級が持つ問題は何ですか?

また、再び堕落する可能性がある。天国のようになっているか、また、神様から、離れ堕落する可能性がある。

アボニムがアメリカを語る時、厳しく語った。それは守ることが出来なかったから。

アメリカでは今堕落を目撃している。エバが善悪の実を食べていた時に該当する

今、世界の中で自由が消えて行っている。何かが間違っている。

もし、摂理的に間違えがなくて、オモニムが、問題がなければ、なぜ自由がなくなるのか?

お母様が完璧であると、お父様が言いましたか?

2013年まで、オモニムが完成しなければならないとアボニムは言いました

2012年から2013年、真の御父母様の聖婚式が予定されていたが、突然お父様が中止された。2012年には、お父様が聖和された。エバの完成とは何ですか?

男は主体、女は対象だから、対象として完成する事が、エバが完成するということです。エバとして、絶対に対象として完成しても主体になれない。エバが主体になったときエバが堕落したことを意味する。あと一歩敷居を越えさえすれば完成だった。お父様はお母様を育てて完成の寸前まで連れてきた。オモニムは何をしなければならなかったのか!お母様は、「韓氏はサタン中のサタンの血統。特別に準備されたサタンの血統だ」と告白しなければならなかった

精子の神学から見ると、100%サタンの子宮に入っても、再臨主の血統は神の強い血統。精子が連結されれば、他の全ての血統は問題にならない。オモニムはサタンの娘として、自分の血統を捨てて、神の血統に絶対に侍らなければならなかったのに、最後の敷居を超えてしまい堕落してしまった。神様の血統の前に平伏し、王の血統に王冠をかぶせなければならなかったのに、自分に被せてしまった。

原理ではサタンが侵入すれば神様は分立摂理をすることになる、韓オモニムから、完全に分立することになり息子たちが母親から離れざるを得ない。イエス様の教会も霊的に・・・

 

カトリック教会は子宮神学

1600年マルティン・ルターが来る前、暴君が95箇条を教会の扉に打ち付けたときに、なぜ生命が助かったのか。

ドイツの王子が守ったからでしょう。これが宗教改革です。30年間戦争でその血が撒かれた。その血の結果でプロテスタント教会、ヒエラルキーが出来たんでしょう。ルターの演説を読みましたか?教皇に対してサタンといった。これがすなわち自由です。

男性は、主体らしく振舞う。女性は対象らしく振舞う。性質が違うから取り替えられない

神様の御国を考えるとき、完成の王国。アボニムは憲法については王国には王がいなければならない。王にはSUN息子だ。神の血統。女王国ではない。女性はペニスが無いから、王にはなれない。

完成級の国はどのような憲法か

. 神の血統、それは父の血統、家庭盟誓にあるように。

. 3つの原理がある ①神の血統を守る ②人権を犯すな ③公資金を誤らない

アメリカの憲法は変えないといけない。アメリカの憲法から生み出されないとならないが自由が滅びることがないように書き換えないといけない。

自由は政府が鎖で縛られているとき改正されながら、国民の自由が失われていった。王国の憲法は、1000もたないといけない。自由を増やさないといけない。

アメリカ政府は、荒れていて、危険な状態。奴隷になることを、願うように洗脳されている。

政府を大きくすることはサタンを大きくすること。それが善と悪の構造です。権力の集中について考えてみてください。

天使長=サタン=政府 政府は父ではありません。原理では、天にいる父、良心に語り掛ける父。サタンが物理的に支配している。暗い谷に光を灯すと、虫が寄ってくるでしょう。再臨キリストは、暗い谷に、光を灯してくれました。皆様もそのようになってください。サタン世界から脱出するためには、神の本質に接しなければなりません


他の質問①

オモニムが悔い改めてきたらどうなるのですか。

2王様の就任の時に、母がいなければならなかった。アブラハムの時の事を考えてみましょう。95%は成功し、5%失敗しました。

韓オモニムは全ての花嫁の代表であり、唯一の花嫁ではなかったのです。全ての食口を霊的に殺しました。

 

6マリアは絶対秘密ではありませんでした。アボニムは度々語られました。

日本の6マリア全否定、天使長の教えです。ハムと同じ罪を犯しました。アボニムを恥ずかしく思ったのです。再臨主を誇りに思わないとならかったのに。

自叙伝の発刊記念大会の時、6マリアの人たちを紹介しています。あなたもいたでしょう。

(このことを知りクリスチャンだった妻はショックを受けていました、と日本の男性が発言

キリスト教の為にショックを受けさせるための、話ではないですよ。原理の真理を、恥ずかしがらずに、誇りを持つことです。王様がいらっしゃるから、自然に来るようになる。新婦たちを、呼び集める。

アボニム2013年はオモニムに王冠をかぶせるようにといいましたか?違います。オモニムは自分にかぶせて堕落しました。それ故、エバに対する祝福はヨナニムに伝授されました。

韓オモニムは私の母ですが、私は事実を伝えます。それから、どうするか、考えます。「真の愛」は、何ですか!今この時、韓オモニムの罪を明らかにする事と、言いたいです。

カインは自分の母と一体となり、アベルを殺しました。神様の民を愛するなら、オモニムを糾弾しなければなりません。

 

質問②

世界日報を潰したくない。

――

国進様・・・神が去った統一グループ傘下の機関や組織は皆、崩れていく。その基盤を惜しんでそこに留まって滅びるか?或は、何もなくともそこを飛び出すか?答えはどちらか一つしかない答えが二つはない。

 

   文責 K.E