日本サンクチュアリ協会の講話(2)